080-2039-0363
LINEで無料相談
インスタグラム

対応エリア:神奈川県、東京都など

WORKS施工例・料金例

2021.04.09
フローリング
川崎市 フローリング補修 日焼リペア 
  • 施工前 川崎市 フローリング補修 日焼リペア 
  • 施工後 川崎市 フローリング補修 日焼リペア 

川崎市でフローリングの日焼補修工事をおこないました。
日当たりがとても良く、明るい部屋には日焼が付きものです笑

窓自体に日焼け防止のフィルムを貼っている物件などは長持ちする様ですが、そういった物件ばかりではないのでフローリングの日焼を補修する機会は多く有ります。

今回はフローリングの表面が劣化したり染みになったりはせずに日焼していてとても綺麗に補修する事が出来ました。

補修前 before

フローリングの日焼補修のお見積りを作る際に重要になってくる要素の一つに、既存のワックスを剥離するか、しないかがあります。

補修で使う塗料が強溶剤な為、理想は、補修する範囲より少し広めにワックスを剥離してから補修をするのが私としてはベストなのですが・・・

日焼の範囲が窓際だけなのに、状況によっては部屋全体を剥離しないといけないケースがあります。
15畳以上のお部屋ですと、全面剥離とフローリングを乾かす時間だけで半日以上が掛かってしまう場合もあります。

なぜ補修範囲だけでなく、全面ワックス剥離をしないといけないケースがあるのかですが・・・
それは、何層も何層も長年の汚れを巻き込みながらワックスを重ね塗りしているケースです

このケースのフローリングで、部分的なワックス剥離をすると・・・もの凄い綺麗な、別物か?ってぐらいのフローリングが顔をだします笑

画像がなくて伝わらないかもしれませんが、長年汚れを巻き込んでワックスを重ね掛けしていると、フローリングの色が段々くすんだ茶色っぽくなって行くのです。
それを剥離して取る為、剥離した場所と、してない場所にクッキリと色の差が生じて、経験の浅い補修屋が絶望するのです。(私もしてきました笑)

つまり、汚れを巻き込んでくすんだフローリングの日焼補修をする際は部分的なワックス剥離が出来ない為、剥離するなら部屋全体となり、その分の費用が掛かってしまうのです。

しかし費用を抑えたい場合はワックスをそもそも剥離せずにそのまま既存のワックスの上から補修をするという事も出来るのです。
その場合、塗装がハガレ易くなるのと、後々部屋のワックスを全面剥離する際、色々と問題が出て来るかもしれません・・・。

賃貸で次は張替を検討している等の場合だと剥離しないで補修の方がコストを抑えられて良いかも知れません。

こういったケース以外にも剥離するメリット、デメリットは状況によって数多くあります。
ご不明点や、予算等の相談も含め、まずはお気軽にご相談して頂ければと思います。

ちなみに今回のフローリング補修は、部分に剥離して塗装し、最後はワックスを掛けて仕上げてあります。

補修後 after

■今回の補修費用:税込33000円(材料費込み)
※地域により別途、交通費と駐車場代がかかります。